渡辺順子 オフィシャル・ワイン・ブログでタグ「Ch d'Yquem」が付けられているもの

西麻布にあるとっても素敵なレストラン彩季でおいしいお食事とワインをいただきました。

3b6f2756-s.JPG9e1aebb8-s.JPG
0729ec47-s.JPG77bf7cd0-s.JPG
9d245b7d-s.JPG





ヘレンドの素敵なティーポットです。

c8ffd6ca-s.jpg




Puligny Montrachet, Champ Gain, Etienne Sauzet


コッテリしたミネラル感が特徴です。ふくよかなワインです。
メインはEchezeaux, Meo Camuzet 98


鉛筆を削った香りと甘いブラックベリーの香り。皮や枯れ葉の感じも..
バランス的には苦みが強いけれどタンニンはソフトで柔らかい。

以前クリスティーズのロサンジェルス オフィスでMeo Camuzetの当主、ジャンニコラさんのテースティングセミナーを行いました、その時はCros Parantoux等やEchezeauxは99年をテースティングしました。99年はまだまだ固くジャンニコラさん曰く飲み頃は10年後とおっしゃっていました。今が飲み頃ですね。

98年も口当たりがまろやかでいい感じに熟成していました。
そのロスのテースティング以来Meo Camuzetのファンです。今回もありがとうございました。

5c7823ba-s.jpg
バーガンディーのイベントでのジャン ニコラ メオ氏


1650de78-s.jpg




仕上げは最高のデザートCh d'Yquemです。














|


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ

タグ