BACKUP119 FAQでタグ「バックアップ」が付けられているもの

ブロードバンドルーターや無線LANをはじめ、ネットワークを中心としたパソコン周辺機器メーカーの『コレガ』から出されている LAN接続ハードディスク『HDD BANK TERA』。今日はこちらをつかってバックアップを行ってみます。

対応している機種は、4Bayタイプの「CG-NSC4500GT」シリーズと2Bayタイプの「CG-NSC2100GT」シリーズです。

tera_type.pngどちらのタイプもバックアップの方法は全く同じです。下記は4Bayタイプの接続環境の様子になります。

NSC4500GT_Env_small.PNGではバックアップを始めましょう!
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える月刊誌「mr partner」を刊行しておられるミスター・パートナー社さんの記事を紹介させていただきます。

『2008年度 大ヒット商品はこれだ!』にジニーバックアップが掲載されました。なんでも、トレンドのトレンドのカテゴリに載せていただいたのですから驚きです。担当自らいうのもなんですが、バックアップとはPCユーザ皆様の貴重な財産であるデータをお守りする、非常に非常に地味なお仕事です。そんな分野に焦点当ててくださったのですから、頭の下がる思いです。

改めて、ありがとうございます~~~
あまりにも嬉しかったので、ちょこっと載せさせていただきますね。
daihit.PNG
ぜひともご購入くださいね。
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
『2008年度版 大ヒット商品はこれだ!』     

あなたの暮らしを変える話題の口コミ情報

知ってしまったら欲しくなる商品、試してみたいサービス、今だかつてなかったビジネス。
景気回復を願う全ての人々に読み応え十分の永久保存本




全米のユーザが選ぶ 『トップ10レビューズ』 ランキング2009
ジニーバックアップは今年も「データバックアップソフト部門」で3年連続のゴールドアワード受賞に輝きました!!

激戦を勝ち抜き、他社を押さえての栄えあるゴールド受賞、この場を借りて受賞の御礼を申し上げます。
これに驕ることなくますます良い製品として行きたいと思いますので、来る2009年もどうぞよろしくお願いいたします。

1.PNG原文はこちら

2008年12月14日に、GENIE BACKUPが 渋谷FM「安永真優美のサンデーブランチ」で放送されました。
こちらから視聴できます。(番組より抜粋1分35秒)  放送を視聴する

shibuyfm.PNGデータのバックアップはやっぱり大事・・・・そんな時代を予感させる放送でした。
取り上げていただいてありがとうございました!


ジニーバックアップでは、バックアップを効率的に行うために各種オプションを提供しています。

自己復元ファイルの作成、ロールバック、プラグイン、ジョブマネージャなどの機能をご利用になれます。
  1. その他の設定 > PRE/POSTコマンド で [PRE/POST ジョブ コマンドを有効にする] をオンにし、PREバックアップコマンドを選択して次のコマンドを配置します。
     net use MAPPED DRIVE LETTER: UNC PATH /user:USERNAME "PASSWORD"
  2. [前の処理が終了するまで待つ] を有効にします。
  3. POSTコマンドで次の設定を配置します。
    net use MAPPED DRIVE LETTER: /del
  4. [前の処理が終了するまで待つ] を有効にします。
(FAQ No:G153)
ジャストシステムのオリジナルプリント作成ソフト『ラベルマイティ』対応のプラグインを公開しました。

思い起こせば、かずかずの記憶を形あるものにするために、このソフトに頼ってきたかたも多いはず。いよいよその価値あるソフト、『ラベルマイティ』に対応をしました。

名刺、宛名ラベル、名前シール、CD・DVD盤面、カレンダー、はがき、カード、アイロンプリント、ステッカー、うちわなど、あらゆるプリントアイテムをカンタンに作成できるパソコンソフトで。これらを1クリックでバックアップ対象に追加ができるようになりました。

label_web.PNG対象ソフトは、「ラベルマイティ7」「ラベルマイティ8」です。

label_pluginpage.PNG実際に試してみたい方は、
30日フル機能のジニーバックアップ無料体験版 をどうぞ。


ジャストシステムの年賀状作成ソフト『楽々はがき』対応のプラグインを公開しました。

毎年毎年、増えていく年賀状の住所録や丹精込めたデザイン。これらを1クリックでバックアップ対象に追加ができるようになりました。

1.png
対象ソフトは、「楽々はがき2008デラックス」「楽々はがき2007まごころ年賀状パック」です。
1.png実際に試してみたい方は、
30日フル機能のジニーバックアップ無料体験版 をどうぞ。

hukusui.png
暑い、暑い。イヤー、アッツイ夏がやって参りました。連日、我が家は30度越え。なかなか夏を満喫しています。
ところで、人間だけでなく、暑いのは他も一緒。こないだ水浴びをしている犬を見かけました。噴水に飛び込み、ブルブルっと飛び散る水しぶき。確かにあれだけ毛皮を着てたら大変だろうなあ。
それと忘れてならないのが、今あなたがまさに手にしているもの。そうパソコンです。いつもより暑くなってませんか?夏に弱いのは人間以上。中身は80度以上になっていることもあります。

そこで今日は、ペットと同じくらい愛用している、あなたの愛用パソコンのために一汗かいてみませんか?お盆を控えた方、夏休みを迎えようとしている、ちょっと時間のあるうってつけの時期にご提案したいのが、パソコンのメンテナンスです。
ちょっとの間、耳を傾けてみてください。


まず、1つめが「ジニーバックアップ プラットフォーム 8.0 PRO」。これはいわゆるバックアップソフトです。本当に簡単に、バックアップできるのが特徴です。iTuneとか年賀状や暑中見舞いソフトの筆王/筆まめにも対応しています。。

暑さ答える今、パソコンくんにとってPC人生(人でない?)最大の山場を迎えています。こんなとき、バックアップを取っておけばいざというときにも、目の前が真っ暗にならずにすみますね。今まで、バックアップなんかしたことも、考えたこともないよ~ というかた、是非この機会に考えてみてください。

GENIE-1.gif30日間フル機能がつかえる体験版もありますので、どうぞ。
体験版ダウンロードはこちら。


次にご紹介したいのが ハードディスク診断ソフト「ファイナルハードディスク診断 3.0」

んっ?ハードディスクの診断ってなんぞや?と耳慣れないことばですよね。
実は、最近のハードディスクって自分の健康状態のバローメータとなる値を持っています。人間でいうと血圧・尿や血液検査の値、レントゲンといったやつです。でも持っているだけでは、自覚症状がない限り気づきもしないし、治療もてきません。
そんなハードディスクくんのために、もともともっている数値をもとに、診断をしてあげましょうというものです。事前に大変なことになる予兆がみえたら、投薬や入院のようにいろいろな対応ができるわけです。暑くなっている今、悲鳴をあげているかもしれませんよ。

hdd1.PNG詳しく知りたい方は、ハードディスク診断の紹介ページを見てみてくださいね。

さて、今日は2点ご紹介させていただきましたがいかがですか?ちょっと時間があって、最大の暑さが続く今こそ、うってつけの情報。ちょっとでも皆様のお力になれれば幸いです。それでは、ごきげんよう~~






バックアップしたジョブの詳細情報を一覧で見るには、レポートの形でログファイルを出力するのが便利です。

以下レポートの表示と保存方法をご説明します。
マイクロソフトの辞書ソフト『MS-IME』対応のプラグインを公開しました。

長い間使い続けてきた辞書は、あなたの文章の癖や完成を学んで成長をしてきています。しかし新しいパソコンに乗り換えるときや、OSを再インストールしたときには、バックアップを忘れがちです。このプラグインでは、ユーザー辞書を簡単にバックアップできるようになります。

1.PNG以下はプラグインの公開サイトです。
対応しているMS-IMEは、「IME 2000 / 2002 / 2003 / 2007 / Vista標準」ですので、お手持ちのPCにインストールされているバージョンを確認してくださいね。

2.PNGダウンロードをすると自動的にジニーバックアップに組み込まれます。これで、あなたの大事な辞書をバックアップできるようになります。

3.png実際に試してみたい方は、
30日フル機能のジニーバックアップ無料体験版 をどうぞ。



ATOKのプラグインが公開されました!
パソコンと共に、長い間大切に育ててきたユーザ辞書、普段その有り難みを忘れがちですけど、いざという時のためにバックアップしておきたいものですよね。かといって、それがどこにあるのか知っている人はなかなかいないでしょう。

でもそんなコマイことは考えずできるようになりました。試してみましょう。


atok.pngバックアップウィザードにしたがって進めていくと、バックアップ対象を選ぶ画面が出てきます。そこで「プラグイン」タブをクリックしてください。見てのとおり何もありません。そこで、「プラグインダウンロードサイト」を押してみます。

1.png

お馴染みのプラグイン無料公開ダウンロードサイトです。カテゴリの「ツールとエディタ」を選んでみましょう。

2.png
ATOKプラグインでてきましたよ~
ATOK2008ATOK2007が見えます。私のPCにはATOK2008が入っているのでこちらを選びます。

バージョンが違っているとデータを正しく取れないのでくぐれも注意!!

3.png
ダウンロードが完了すると自動でプラグインのインストールが完了しました。
4.pngジニーバックアップの中に、ATOK2008と出てきたので、チェックボックスにチェックを入れます。あとは、いつもと同じようにウィザードを進めればOKです。
5.png
これで、ユーザ辞書と環境設定がバックアップできました。
さあ、次は【復元編】にすすみましょう。
 
バックアップ後にログを自動で表示させるには、次の2とおりの方法があります。

【方法1】GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 画面から直接実行する

    1, GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 を起動する。
    2, "ツール > 共通設定 > データ整合性テスト" で [テストを実行しない] を選択する

【方法2】GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 のショートカットやスケジュールで実行する

    1, "コントロール パネル > タスク" を開き、該当するタスクを右クリックしてプロパティを開きます。
    または、デスクトップのショートカットを右クリックし、 プロパティを開きます。

    2, "-bt" オプションの前に、 "-showlogfile" オプションを追加する

(FAQ No:G170)

症状:
バックアップが開始されたとき、次のメッセージが表示される。
"X:\System Volume Information にアクセスできません。アクセスが拒否されました。"

原因:
ユーザがアクセスを許可されていないWindowsの隠しフォルダにアクセスしようとした。

対処法:

【対象法1】
"ツール > 共通設定 > バックアップ除外" を開き、当該フォルダが一覧に追加されているかどうか確認してください。

 

【対処法2】
または次の手順を実行してください。
    1- "ツール > 共通設定 > バックアップ設定" を開きます。
    2- [マイ フォルダ内の隠しファイルまたはフォルダを表示する] のチェックを外します。

(FAQ No:G075) 

症状 :
アプリケーションを起動しようとすると、次のメッセージが表示される。
"PX.dllファイルが見つかりません"

原因:
インストール時にPX.dllファイルが正しくコピーされていないか、壊れています。または、インストール後にコンピュータを再起動していない可能性があります。
症状:
GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 でバックアップのスケジュール設定をしたが、設定した時刻になっても、次のエラーメッセージが出てバックアップが実行されない。

"名前または権限エラーのためジョブの処理に失敗しました。作成したアカウント設定、ジョブ名が正しいか確認してください。"
症状:
Windowsスケジュール ウィザードでジョブを手動で作成しようとすると、エラーメッセージ: "0x80070005: アクセスが拒否されました" が表示されます。

原因:
Windows XP Service Pack 2 (SP2) でこの問題が発生します。

DMAとは「Direct Memory Access」の略で、CPUを介さずデバイスとメモリの間で直接データの
やりとりを行なう方式のことをいいます。DMAが有効の場合、データの転送速度が速くなります。

WindowsXPとWindows2000の場合でそれぞれ方法が異なります。設定方法については、以下を参照してください。

症状:
「ドライブでエラーが発生しました: Command:## Sense:## ASC:## ASCQ:##」が表示される。
ASC/ASCQエラーは、ディスクの破損、ファームウェアが古い、DMAが有効でない、ドライブが使用中であるなど、さまざまな原因によって発生するエラーです。
CD/DVDへの書き込み時に発生するこのエラーを回避または最小限に抑えるには、次の対処法を確認してください。

症状:
実行時、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 アプリケーションの異常終了時、または初回実行時に、「"0xXXXXXX"から"0xXXXXX"へのメモリの参照に失敗しました。」が表示されます。

対処法:
次の手順でアンインストールを実行してください。

1、レジストリから次のキーを削除します。
    [スタート] > [ファイル名を指定して実行] を実行し、"regedit"と入力し、下記のキーを削除します。

             HKEY_CURRENT_USER\Software\Genie-Soft

2、次のフォルダを削除します。
    a. <ドライブ名>:\Program Files\AOS Technologies
    b. <ドライブ名>:\Documents and Settings\%username%\Application Data\Genie-Soft\
    c. <ドライブ名>:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Genie-Soft\

3、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0の最新版を再インストールします。最新版はBackup119 ホームページから入手できます。
 
(FAQ No:G107) 

タグ